エンドコンテンツに適さない装備での参加

ある日のクリア目的であるオメガ零式アルファ編二層にて
普通では考えられない装備で参加した竜騎士がいたようです。

平均ILがまず足りない

参加者の一人がまず気付きました。
ILが足りていないんじゃないかと指摘しました。

そして、装備の詳細を見てみるともっとすごい事がわかりました。
平均ILが足りないのは一目瞭然なのですがマテリアが、すごいんですよね。

使えない、または意味のないマテリアを使用

ILが足りないのは参加の前提としておかしい話ですし
見学PTとかであればまだ理解できるんですよね。
クリア目的で来るような装備ではないという事は零式に挑戦している
プレイヤーであればすぐにわかると思います。

次の問題がマテリアです。
確定穴ぐらいマテリア差して来てください対策みたいなモノなのかな
竜騎士に必要なステータスの中にDEXはありません。

また、STRを差し込んでも基本的にはILの限界まで上がってる状態ですので
いくら差そうが増えません。

なので差してる意味尾はないんですねこれ。
零式に参加するということは、このぐらいの知識ぐらいは身に着けておいて欲しい所です。

もっと恐ろしいのが

もうお気づきの方はいらっしゃると思いますが
二層参加できるという事は、一層はこのジョブかはわかりませんが超えてきたという事です。

ただ、クリア目的という事なので自分のメインジョブを出すと思いますので
恐らくは竜騎士で一層をクリアしてきたのでしょう。
つまり、悪い言い方をすれば出荷されてきたという事でしょうか。

以前に出荷という事について記事にした事があるのですが

当時ゴールドソーサーも実装されていない頃の話のようです。 極蛮神は4.xの今となってはすごくゆるく、クリアは楽にできるようには...

私は出荷という言葉があまり好きではありません。
大体の人が使っている意味としては下手な人に対して使っているからです。
努力はしていて、頑張ろうって気持ちでプレイしているけど上手くはない人に使ってはいけないと私は思っているんですね。

ですが、この人は努力(マテリアやILなどの勉強や、装備の更新を怠った)はしていませんし、そうなってくると頑張ろうって気持ちはあるのか甚だ疑問です。

零式は気軽に遊べるコンテンツではない

最近では難易度が下がってきて、いわゆるライト勢が以前より多く参加しています。
楽しむ事はいいと思います、むしろクリアした時のあの喜びを感じて欲しいまで思ってます。

ただ、頑張ってギミックを理解して頑張ってギミックを処理して
頑張り続ける人じゃないと楽しめるコンテンツではないと思っています。

装備が欲しいけど、努力はしたくない人

こういう人達は参加しない方が零式プレイヤーの為にも自分の為にも
精神的にも負担がなくなるので、いいと思いますよ。

今回のまとめ

  • 零式に参加するなら最低限の準備はしよう
  • パーティ募集にIL下限設定がなかったとしても、クリア目的の場合下限ILぐらいはクリアしておこう

シェアする

フォローする