解除極イフにてイキり行為

極イフの解除PTにて、とある占星がイキり行為をしていたようです。

火力を抑えて欲しいと言った方に対して

極イフはある程度削ってしまうと、ギミックが終わる前に確定で全滅する攻撃をしてきます、なので楔を壊しきってから本気で殴るというやり方が浸透していました。

ですが、たまに殴り続ける方もいらっしゃるのでちゃちゃっとクリアしちゃう為に、進言したみたいなのですが、この占星は全力で火力を出せばゴリ押しでいけます!と答えたようです。

ある程度のDPSが出せる方達が集まれば、可能なのかもしれません(私はやった事がないので、どれほど出れば可能なのかわからないのですが)

ただし、解除の極蛮神は基本的にクロ手帳目的か馬目的ですよね。 そこに集まる方というのは難しくないコンテンツで遊んでる人から絶シリーズを楽しんでる人まで多種多様です。 中にはDPSをあまり出せない人もいるのはきちんと理解していたのでしょうか。

二回目が全滅した後の放った言葉

解除であれば、どっちかっていうと舐めプに近い事をしていれば遊んでてもクリアできる難易度が新生の極蛮神なのですが、2回目も全滅したようです。 そしてその時に占星はこう言ってしまったようです。

「今のはDPSのお二人が火力を出し切ってなかったせいですね!」

この言葉が出るという事は、この人はDPS計測ツールを使っていたということ(DSPの数字はヘイトゲージでは測れませんし、二人という人数を出しているのでほぼ使っていたと断定していいと思います)

まぁ後場合によってはハラスメントとして扱われるんじゃないかなと思える発言でもありますね、名指しではないという所が怪しい所です。

3回目にてようやくクリア、そして

3回目でクリアをしたようですが、この占星さんは無言で出て行ったようです(お疲れ様でした等の挨拶も無し?) まぁでもこういう人はどこにでもいますのであまり気にはしてはいけないのですが、それにしては二回目始まる前に言葉を放ったのと、二回目全滅後に少し攻撃的な発言をしたのにも関わらず無言退出というのは正直気分が悪いですよね。

今回のまとめ

今回の問題になり得そうな行為としては、自分のやり方を他者へ押し付けようとした(火力ごり押し) ただ、この事はこうすれば簡単にクリアできますよというアドバイスにも受け止められるので、問題とははっきりとは言えません、場合によってはそれが良きアドバイスになっていた可能性もありますので。

次に、DPS計測ツールの使用を匂わす発言をしてしまった事。 FF14では公式で使用を禁じています、なので誰々がDPS出せていませんという発言は一発アウトとなりかねないのですが、名指しではないのとまさかのヘイトゲージで判断したという可能性もありますので、こちらも問題になり得そうといった所です。

ただ、この占星はダイア装備を持っていたりしていたようですのでヘイトゲージが高い=DPSが高いという訳ではない事を知っていると思われますので、個人的にはグレーですね。

皆さんもDPSの数字の指摘や、全員が自分と同じPSを持っているとは思わずに楽しくゲームをプレイしましょう。

シェアする

フォローする