ジョブのスキルを理解しよう~侍編~

零式コンテンツをプレイしている身で、デルタ編では侍をメインに活動していました、そして今では戦士でアルファ編をやっている身ですが。
零式にてあまり自身のジョブについて理解が追い付いていない人が、結構いるように思えます。

そして、少しでも理解してもらい頑張ってもらおう!と思いまして、侍に関して全てを理解している…とは言い難いですが、それでもそこそこ使えると自負している私でよければお教えしようと思い、この場を借りて記事にしていこうと思います。

これを見てくれた事により、少しでも「侍さん、DPS出せてないんですけど」といった事を言われて、ギスギスした空気を生まないようになれば幸いです。

侍のスキルについて

侍は操作が楽だし、簡単にDPSが出る…と言われておりますが
DPSが出しやすいのは確かにその通りです、ただそれはスキルをきちんと理解していれば…の話になります。

ということで、侍のスキルの説明をさせて頂きます。
※追加効果などの説明は、70Lvの状態で書かれている事を記載します。
また、長文となりますのでスキルに関してわかってるよ!って人は目次で飛ばしてもらえればと思います。

刃風

侍のコンボの一段目、基本スキルです。

陣風

コンボの二段目、このスキルを打つ事で与ダメージ10%上昇のバフが自身につきます。追加効果で剣気が5上昇。

心眼

効果中に受けるダメージを10%減少させる事が可能です、また開眼というバフが付与されます。

鳳蝶

対象のHPが20%以下になった時に使えるようになるアビリティです。また追加効果で剣気が10上昇します。

燕飛

飛燕ではなく燕飛です、いわゆる遠距離攻撃。 追加効果で剣気が10上昇します。

士風

コンボの二段目の別ルート、コチラも陣風と同じくバフがついており。
オートアタックの攻撃感覚、ウェポンスキル及び魔法のキャストタイムとリキャストタイムを10%短縮させるバフが付与されます。
また追加効果で剣気が5上昇。

風雅

侍の範囲攻撃の一段目、前方扇状に範囲攻撃します。
追加効果で剣気が5上昇。

月光

刃風→陣風からの三段目のコンボ、コンボボーナスとして剣気が5上昇+月の閃を付与。 またコンボ時に背面攻撃により剣気が5上昇する追加効果。

居合術

侍のとっておきスキル、付与された閃の数で発動する効果が変わります。
閃一つ…彼岸花 対象に継続ダメージを付与する(DoT)
閃二つ…天下五剣 対象に向かって前方扇範囲攻撃
閃三つ…乱れ雪月花 対象に物理攻撃

満月

自身の周囲に物理範囲攻撃 風雅√のコンボの二段目になります。
コンボボーナスで剣気10上昇させ、かつ月の閃を付与。

花車

士風からのコンボの三段目、側面攻撃時追加で剣気を5上昇。
コンボボーナスは剣気を5上昇、かつ花の閃を付与。

桜花

自身の周囲に物理範囲攻撃 風雅√のコンボの二段目になります。
コンボボーナスで剣気10上昇させ、かつ花の閃を付与。

雪風

刃風からのコンボ二段目、コンボボーナスで対象の斬耐性を10%低下。 剣気を10上昇させ、かつ雪の閃を付与。

明鏡止水

一定時間ウェポンスキルのコンボを条件を満たしていなくとも成功させる。 時間経過or3回ウェポンスキルの使用により効果が切れる(居合術は含まれない)

必殺剣・回天

効果時間中に実行するウェポンスキルの威力を1.5倍にする。

必殺剣・暁天

対象に急接近して物理攻撃 発動条件に剣気が10必要。

必殺剣・夜天

対象に物理攻撃しつつ、10m後方に飛び退く。
追加で自身に燕飛効果アップを付与、発動条件に剣気が10必要。

慈眼

自身のHPを回復する、追加効果で自身に対する全ての敵視を20%減少。
発動条件に開眼状態が必要。

黙想

徐々に剣気が溜まる状態になる(移動やアクションをすると即座に解除される)
また戦闘状態でなければ、効果はない。

必殺剣・震天

対象に物理攻撃、発動条件に剣気が25必要。

必殺剣・九天

自身の周囲に範囲攻撃、発動条件に剣気が25必要。

必殺剣・星眼

対象に物理攻撃、発動条件に剣気が15必要かつ開眼状態が必要。

葉隠

自身に付与されている閃を剣気に変換する。
一つにつき剣気が20上昇する。(最大60)

必殺剣・紅蓮

対象に向かって前方直線範囲攻撃。

効果をきっちり覚えておきたいスキル

基本コンボである

刃風→陣風→月光(以下月√)
刃風→士風→花車(以下花√)
刃風→雪風(以下雪√)

の三つ、そして必殺剣・回天や明鏡止水や葉隠などのスキルなどですね。

侍にも方向指定がありますが、複雑ではなく単純に覚える方向指定は二つだけなのが楽ですね。

月光では背面から、花車では側面から攻撃すればOKです。
また必殺剣・回天はきちんと理解していなければ侍として失格と言える程のスキルになっており、主にこのスキルで合わせるべきスキルは二つ。

彼岸花と乱れ雪月花です。

明鏡止水に関してはどれに合わせるか…となると基本的に月光・花車・雪風だと思われますが、私は時と場合によっては士風や陣風に合わせていたりします。

以上でスキルの説明を終了とし、次は各スキルの使うタイミングについて書いていきます。

スキルの使用タイミングについて

以下書き込んでいる事は全て私のやり方ですので、絶対に正しいという訳ではない事はご理解の程よろしくお願いします。

  • 彼岸花    可能な限り早く付与し、60秒毎に更新
  • 必殺剣・紅蓮 可能な限り早く実行し、以後リキャスト毎(但し、敵が密集するタイミングなどあれば合わせると吉)
  • 葉隠     可能な限り早く実行する、が出来れば閃が三つ溜まった状態が好ましい(彼岸花更新タイミングに合わせる為に実行したりもしています)以後リキャスト後も同じように。
  • 明鏡止水   可能な限り早く実行する、が出来れば士風と陣風によるバフが消えない間に3回ウェポンスキルが打てる状態で実行する、以後リキャスト後も同じように。
  • 心眼     回避不可能である全体攻撃やターゲットが確定している攻撃時に使っておくと良し。
    開眼状態になった時、剣気に余裕がありヘイトにも余裕があった場合は必殺剣・星眼を、剣気に余裕がないorヘイトに余裕がない場合は慈眼を実行する事。
  • 必殺剣・夜天 敵を中心とした範囲攻撃などの回避に使おう。
  • 必殺剣・暁天 敵に近づきたい時、また吹き飛ばされた時にタイミングを合わせて使用すると、そこまで飛ばされずに戦闘復帰できます。
  • 風雅     敵3体以上になるとダメージ効率がいいので使っていきましょう、可能なら士風・陣風バフをつけておくと尚いいです(もちろんコンボ先である満月・桜花まで使いましょう)
  • 黙想     ボス戦時に戦闘をせずに待機する場面(履行時など)に使いましょう、それ以外では…特に使える場面がない気がします。
  • 燕飛     コンボ状態でなければ、どうしても接近して攻撃出来ない時などに使いましょう、コンボ時であれば接近できるようになるまでコンボが途切れなければ使わない方がいいです、確実にコンボが切れるようであれば使っておくと少しはDPS伸びます(但し、使いすぎてTPが枯れるという事がないようにしましょう)

実際にスキルを使う流れ

あくまで私のやり方ですので、参考程度に。

エキルレなど

まとめる場合…タンクが釣った敵で尚且つヘイトアップスキルが使われた敵に対して、月√と花√(もちろん敵のタゲは取らない程度に)を回しつつ、まとめ切るまでは全力では攻撃しない。

まとめた後にバフ等がついていれば、閃も二つはついているはずですのでそのパターンとなれば

  1. (回天)居合術・天下五剣
  2. (明鏡止水)満月(必殺剣・九天)
  3. 桜花(必殺剣・九天)
  4. 雪風(葉隠)
  5. 必殺剣・紅蓮 以下分岐
  6. 敵の残りが少なければ月√or花√
  7. 敵の残りが多ければ範囲コンボ

()の中は間に使うように心がける、GCDは確実に腐らせないようにしましょう。

まとめない場合…月√花√のバフをつけている間に3体以下になる事が多いので、そのまま単体攻撃で攻めます。
ただ、タンクによってはヘイトの取り方ががっちりしてなければ簡単に剥がれるので途中でターゲット変更した方が無難です。

  1. 花√+月√
  2. (明鏡止水)雪風(葉隠)
  3. 月光(必殺剣・紅蓮)
  4. 花車(必殺剣・震天)
  5. 雪√(必殺剣・震天)

後は残り時間が少ないバフの√を回しながら殲滅します。

また、まとめ時であれば最初のグループに限りディヴァージョンを使うとタンクが楽になります、ただ殲滅が早すぎるとボスでリキャストが間に合わない事もありますが、余程早くなければ特に気にする事ないので使っておくといいでしょう。

まとめてなければ、タゲ変更などで事足りると思います。
それでも剥がれるようであれば、ちょっとタンク側が範囲攻撃によるヘイト管理が出来ていない、という可能性が高いです。

木人のスキル回し

4.0から増えた侍ですが、たくさんのスキル回しが存在します。
また、零式や極蛮神などで実際に回すとなると少し変わってくる事もありますが、基本となる木人でのスキル回しが出来ていればある程度は対応可能でしょう。

主に侍のスキル回しで種類があるというのは開幕のみで、他は特に差はありませんので、開幕だけはきっちり覚えておきましょう。
私が今の所木人を叩く際に使っているスキル回しはコチラ。

  1. 刃風
  2. 士風
  3. 花車
  4. 刃風
  5. 陣風(必殺剣・回天)
  6. 居合術・彼岸花
  7. 月光(明鏡止水)
  8. 雪風(必殺剣・震天)
  9. 花車(葉隠)
  10. 月光(必殺剣・紅蓮)

が開幕となります、また画像でよければちょっと見づらいと思いますが
実際に木人を殴ってきた時のログをどうぞ。
※2:55の間殴っていますので量がえげつないです、申し訳ない。

木人の動画

また暇な時にでも撮っておきます。

侍の基本的な考え方

侍はスタートが弱いですが、スキルが回り始めてからは常にバフがある状態で戦える、という利点があります。
故にスキル回しのミスというのは、バフが消えるという事にもなりますので、極力スキルを回す√の順番は間違えないようにしましょう。

また、方向指定を一度二度程度間違えるぐらいではそこまでDPSに影響はありません。
ただ何度もミスると剣気が溜まりにくい状態ですので、つまりは必殺剣・震天の回数が減るという事に繋がるので、結果としてDPSに影響してきます。

また、GCDを腐らせる事でも同じような結果が出ますので極力腐らせないように努めましょう。

シェアする

フォローする